webテキストINDEX


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


営業時間:10:00〜17:00

時間外もできる限り対応してます。
土日祝も営業していますが、お問い合わせのお返事などに時間がかかる場合がございます。

モバイル

Feed

ソフトワークキャップ 作り方レシピ

◆ 材料 ◆

表地・・・布帛(生地厚:中)
接着芯
 
 

[1]各パーツ裁断をする。合印も写す([2]も参照)。
ブリムとハットウエストに芯を貼る。


[2]クラウンは前後がわかるように、印を付ける。(画像は切り込みを入れました)
全てのタックに印を入れてください。


[3-1]タックをたたむ工程。


[3-2]タックをたたむ工程。


[4]全てのタックをたたんだら、ミシンで止める。


[5]ブリム2枚を中表に合わせ、地縫い。


[6]縫い代を切り揃え、カーブの部分は切り込みを入れる。


[7]表に返し、形を整える。
片面を少し控え、控えた側を裏ブリム(顔側)とする。


[8]ハットウエストの1枚にブリムを仮縫い。
(このハットウエストが、着用時外側の表面となります)


[9]もう一枚のハットウエストは、クラウン縫い合わせ側の縫い代を折る。
パターン上、縫い代は1cmですが、8mmで折ると後工程が縫いやすくなります。
(このハットウエストが、着用時内側となります)


[10]ハットクラウンの後ろ中心を地縫い。


[11]縫い代を割る。


[12]2枚のハットウエストを中表に合わせ(ブリムを挟んだ形)、一周地縫い。


[13]縫い代を整え、表に返し形を整える。


[14]ハットウエスト端にステッチをかける。


[15]クラウンをハットウエスト(縫い代を折っていない方)に、中表合わせる。


[16]一周地縫い。


[17]ハットウエストに縫い代を納め、ステッチで塞ぐ。
完成。