カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ゴールデンウィークのスケジュールがまだ決まっていません。
祝日も何日か営業する予定ですが・・・
休業日程が決まり次第、カレンダーを更新します。

営業時間:10:00〜17:00

営業時間外もできるだけ対応しております。
お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

aviver webテキスト コンシールファスナーの裏地付け



 
表地にコンシールファスナーを縫った後に、裏地を付けます。
<コンシールファスナー 表地の縫い方はこちら>





1 
<1>表地はコンシールファスナー付けを済ませておく。
裏地の明き止まりより下を中表に地縫い。
明き止まりより上は、できあがり線にハサミを入れ縫い代を切取ります。
明き止まりより下は、ロック始末・割り縫い・片倒しなど、商品に応じて始末する。
本テキストはロックはかけずに、縫い代を片倒しにした状態で縫い進めています)




2
↑ この写真は、今後の縫い方手順をわかりやすくする為の物です ↑
<1>行程で縫い代を切り取った部分から8mmのところにラインを記入しています。
実際はラインを入れる必要はありませんが、初心者の方は裏面にラインを入れておくと縫いやすくなるかと思います。
本テキストは、解説用なので、表面は赤・裏面は青でラインを入れています。

A/B辺/底・切り込み1/2は、今後の手順をわかりやすくする為につけた名称です。
(切り込み1/2は、後工程で切り込みを入れます。現段階では切り込みを入れないでください)




3 
<2>コンシールファスナーの端と、裏地のA辺を合わせます。
ファスナーにのみ付け、生地の縫い代は縫わないように。


4 
<3>ファスナー押さえ・片押さえを使って、上から底まで縫い合わせる(裏地とファスナーのみを縫う)。
写真のように、A辺と底の交差点で針を下ろし、ミシンを止める。
(写真は見えづらい為、ミシンの押さえを外して撮影しています)


5 
<4>針を落としたまま、針に向かって裏地に切り込みを入れます。(切り込み1の部分)
(写真は見えづらい為、ミシンの押さえを外して撮影しています)


6 
<5>底を縫います。針を軸にし、A辺から底が直角になるよう合わせてください。


7 
<6>底とB辺の交差点で針を下ろし、ミシンを止める。
(写真は見えづらい為、ミシンの押さえを外して撮影しています)


8 
<7>針に向かって、裏地に切り込みを入れます(切り込みBの部分)


9 
<8>切り込みを入れた写真


10 
<9>針を軸に直角に動かし、B辺と反対側のファスナー端を合わせ、上に向かって地縫いしていく。
(裏地とファスナーのみを縫う)


11 
<10>アイロンで整え、完成。
(写真はあまり上手に縫えませんでしたが、底は直角に、攣れや縫い詰まりのないよう仕上げてください)





 ■ webテキスト INDEX ■