カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



営業時間:10:00〜17:00

営業時間外もできるだけ対応しております。
お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

aviver webテキスト 太幅のウエストベルト(2枚仕立て) 

 

スカートやパンツのウエストの縫製仕様です。
本テキストは左脇コンシールファスナー、ウエストはボタン明きの設定で解説しています。
 

1 
<1>ウエストヨークの表と裏を、それぞれ右脇を割り縫い。
(写真:黒=裏ウエスト 茶=表ウエストです)

2 
<2>右脇割り縫い拡大写真


3 
<3>裏ウエストヨークの、ボトム本体に付ける辺の縫い代を、アイロンで裏側へ折る。
縫い代は1cmですが、8mm程度で折っておくと後工程で縫いやすくなります。


4 
<4>縫いあがった本体に、表ウエストヨークを中表に合わせていきます。
(裏地が付く場合は、表地裏地2枚をまとめてウエストヨークに縫い付けます)
下の写真は、左脇部分の表と裏の写真です。
 
後ろボトム側に持ち出しが付きます。
本体縫い止まりにご注意を。
前ボトム側は、できあがり線同士合わせる。
  5
<5>縫い代を5〜8mm程度に切り揃え(硬い場合は縫い代に切り込みを)、ウエストヨーク側に縫い代を倒す。


6 
<6>表ウエストヨークに、裏ウエストヨークを中表に合わせる。


7 
<7>ヨーク周りを本縫いで縫い合わせる。
(後ろの持ち出し部分と前端は下の??写真参照)


8 
<8>後ろ左脇の持ち出し部分は四角に、ボトム本体止まりの近くまで。


 
<9>前身左脇は、裏ウエストヨークの縫い代を折ったまま、ボトム本体止まりまで縫い合わせる。


? 
<10>ウエストヨーク周りの縫い代を5mm程度に切り揃え、所々切り込みを入れる。
表に返した際に厚くならないよう、角の不要な縫い代はカットする。
縫い代を割る。(アイロンが届く範囲でOKです)


11 
<11>表に返し、縫い代をウエストヨーク内に納め、アイロンで形を整える。


12 
<12>表から、ウエストヨーク周りにステッチをかける。


13 
<13>前側にホール、後ろ側にボタンをつけ完成です。




  ■ webテキスト INDEX ■