カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

営業時間:10:00〜17:00

営業時間外もできるだけ対応しております。
お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

aviver webテキスト 明き見せ

 
主に、ジャケットやコートの袖口に。

■注意■
本テキストは明き見せの仕様例です。
他の縫い手順もありますので、縫製経験のある方は慣れた手順で縫製してください。
縫い代の形状、接着芯の接着位置など、商品によって異なる場合がございます。

本テキストでは<縫い代割り縫い時の明き見せ>と<縫い代片倒し時の明き見せ>の2通り紹介しています。
 

割り縫いの時の明き見せ仕様

 
<1>接着芯を貼り、明き見せ止まりに印を打つ。


 
<2>外袖側の縫い代を折った状態で、外袖と内袖を縫い合わせる。


 
<3>外袖のみ、明き見せ止まりに向かって縫い代に切り込みを入れる。


 
<4>明き見せ止まりより上の縫い代をアイロンで割る。


 
<5>明き見せ部分の縫い代を2枚まとめてロックでかがる。

 
<6>袖口は外袖のみをたてまつり。ロックをかけた縫い代部分は千鳥がけ又は立てまつり。
(袖を筒状に袖下を縫製し、袖口一周まつり縫いなどで始末する。)


 
<7>明き見せ部分のできあがり、表側。左側が外袖となり、最終的にボタンを乗せ縫い付けます。
 

 片倒しの明き見せ仕様



 
<1>外袖の縫い代に接着芯を貼り、外袖・内袖共、袖口にロックをかける。


 
<2>外袖の袖口縫い代を折り、内袖と中表に合わせ、地縫い。


 
<3>地縫いした部分を2枚まとめてロックでかがる。


 
<4>縫い代を外袖側に倒す。

 
<5>袖口は外袖のみをたてまつり。内袖の袖口縫い代も折り、外袖にまつり縫い。


 
<6>できあがりのイメージです。
実際は、袖を筒状に縫い袖口始末を行った後、ボタンを付けます。


  ■ webテキスト INDEX ■