カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728


営業時間:10:00〜17:00


時間外もできるだけ対応しています。お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

クロッシェ 作り方レシピ

◆ 材料 ◆
表地・・・布帛又はニット地(やや薄地)
裏布・・・布帛(薄地)
接着芯
サイズテープ25mm幅 53cm程度
平ゴム10コール程度 8cmくらい


サイズテープは帽子の内側につけるテープです。
頭周りのサイズを固定する目的の他、汗や化粧汚れの付着を防止します。
手芸屋さんで販売していますが、グログランテープやサテンリボン等でも代用できます。
 
 
◆ 裁断をする・接着芯を貼る ◆

表地を裁断する。ブリム2枚とハットウエストに接着芯を貼る。


裏布を裁断する。




◆ 表地のクラウンを作る ◆


[1]クラウン2枚を中表に合わせ、地縫い。



[2]縫い代を5mm程度に切り揃え、縫い代を割る。



[3]2枚続きになったクラウンに、クラウン1枚を中表に重ね地縫い。



[4]縫い代を5mm程度の切り揃え、縫い代を割る。



[5]後ろ中心クラウンとクラウン一枚を、中表に重ね地縫い。



[6]縫い代を5mm程度に切り揃えるのですが、後ろ中心クラウンの画像の位置のみ縫い代はそのまま残す。
縫い代を割る。



[7]後ろ中心クラウンのもう片側にも、同様にクラウンを縫い、縫い代整理。



[8]3枚続きになったクラウン2枚を中表に合わせ、地縫い。
縫い代を5mm程度に切り揃えた後、縫い代を割る。



[9]表クラウンできあがり。6枚のクラウンの点が綺麗に交差するように作るのがポイントです。



◆ 裏布のクラウンを作る ◆


[10]裏布のクラウンも表地同様作ります。
(但し裏布クラウンは全て同じ形になっています。後ろ中心クラウンはありません)


[11]裏布クラウンを作ったら、表地クラウンと中表に合わせ、一周仮縫い。


◆ ハットウエストを付ける ◆


[12]ハットウエスト両端のできあがり線交差点に印を打つ。




[13]クラウンにハットウエストを合わせる。
前工程の印は、クラウンの接ぎ目にぴったり合わせ、印までを地縫い。
縫い代を〜8mm程度の切り落とし、ハットウエストを下に倒す。(縫い代はクラウン高)


◆ ブリムを作る ◆


[14]ブリム2枚を中表に合わせ、外回りを地縫い。



[15]縫い代を5〜8mm程度の切り揃え、切り込みを入れる。



[16]表に返し、形を整える。
外回りにステッチをかけ、両端はできあがり交差点に印を打っておく。



[17]クラウンのウエストハット周りにブリムを合わせる。
前工程で付けた印は、ハットウエストの印位置に合わせる。



[18]地縫い。
縫い代は8mm程度に切り揃えておく。ブリム両端の角縫い代は邪魔になるので1cm程度残し切り落とす。



[19]画像のように後ろ中心クラウンの裏側にゴムを止める。



[20]ゴムを縫い止める。縫い止めのステッチは、表から落としミシンで止めると仕上がりが綺麗です。
両端の余分なゴムはカット。



[21]後ろ中心クラウンの縫い代を3つ折りに倒し、ステッチ。
ミシンで縫うのが難しい場合は、手縫いでまつり縫いをしてもOK。



[22]ブリムの縫い代・ハットウエストの縫い代をかがる。
ほつれにくい生地の場合はそのままでもOK。
画像は手縫いでかがっていますが、ロックやジグザグでもOKです。



[23]サイズテープを縫い代に合わせていく。サイズテープの両端は2つ折りに。
(サイズテープの代わりにサテンリボンを使用しました)



[24]縫い代にサイズテープを地縫い。



[25]サイズテープを帽子裏側に倒し、2つ折り部分は裏布にまつり縫いをする。



[26]できあがりの裏側。