カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

営業時間:10:00〜17:00


時間外もできるだけ対応しています。お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

土日祝も営業しておりますが、業者さんなどがお休みとなるので、お問い合わせのお返事など対応に時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。

モバイル

Feed

マニッシュハット 作り方レシピ

◆材料◆

表地・・・布帛(中〜厚)等
裏地・・・布帛(薄地)
接着芯・・・厚め・堅め
サイズテープ 25mm幅 60〜62cm程度
パイピング布・・・表地又は別地

サイズテープは帽子の内側につけるテープです。
頭周りのサイズを固定する目的の他、汗や化粧汚れの付着を防止します。
手芸屋さんで販売していますが、グログランテープやサテンリボン等でも代用できます。
 
◆ブリム周りのパイピングについて◆
パイピングのパターンはありません。<webテキスト:パイピング>を元に製作してください。
パイピング幅は、お好みの幅で製作してください。
(1〜1.3cm程度が縫いやすく、作りやすい幅だと思います)
厚地の時は、縫製が困難になりますので、別布(薄〜中地)をパイピング布にしてください。




◆裁断をする・接着芯を貼る◆
表地を裁断する。全てのパーツに全面接着芯を貼る。




裏布を裁断する




◆裏地クラウンを作る◆

<1>サイドクラウンの後ろ中心を割り縫いする。


 
<2>サイドクラウンとトップクラウンを縫い合わせる。
縫い代は5mm程度に切り揃えておく。



◆表地クラウンを作る◆
 
<1>サイドクラインの後ろ中心を割り縫いする。


 
<2>表から縫い代押さえのステッチ(5mm幅くらい)をかける。


 
<3>サイドクラウンとトップクラインを縫い合わせる。
縫い代は7〜8mm程度に切り揃え、所々切り込みを入れておく。(画像は縫い代整理前)


 
<4>縫い代はサイドクラウン側へ倒し、形を整え、縫い代押さえのステッチ(5mm幅くらい)をかける。


 
<5>表・裏クラウンを外表に合わせ、端を束ねて仮縫いしておく。


 
<6>ブリム1枚の表側に、ステッチのガイドラインを描く。(チャコを使用)
ガイドラインの間隔については、パターンを参照。
(本テキスト画像はライン幅が均等ではありません。試作段階の画像の為ご了承ください。)


 
<7>ブリム2枚を外表に合わせ、外周の端を仮縫い。


 
<8>7の仮縫いステッチのすぐ内側をぐし縫いし、いせこむ。
ガイドラインを描いた面の方へ反り返るように。


 
<9>全体が綺麗に反り返るようにいせこむ。
反り返りの角度は後の工程で調整します。
ここでは画像程度に反り返るように、いせ込んでください。


 
<10>反り返った状態のまま、2枚ずれないように、ガイドライン付近を待ち針で止める。


 
<11>外側のガイドラインから、ガイドライン上にミシンをかける。
反り返りは倒さず、そのままの状態でミシンをかける。
(ブリムの返り分を固定する為のステッチとなります)



<12>内側のガイドラインにもミシンをかける。


 
<13>内周の返り分量のズレ分(はみ出した分)を切り揃える。(画像は切り揃え前)


 
<14>ブリムとクラウンを合わせ、ぐるり一周縫い合わせる。


 
<16>ブリムの反り返りをお好みの形に整える。
ギャザーにならない程度にいせこみ、ぐし縫い部分はアイロンで潰し整える。


 
<17>ブリム周りにパイピングをかける。
パイピングについては<webテキスト:パイピング>を参考に縫製してください。
(画像は、パイピングを手縫いで塞いだ為、ステッチが出ていません。ミシンでも手縫いでもOKです)


 
<18>ブリムとクラウンの縫い代は、8mm程度に切り揃えかがる。
(画像は厚みがある為、手縫いでかがっています。ロックミシンでもOKです)


 
<19>サイズテープの端同士を割り縫いし、縫い代押さえステッチ
サイズテープは、ぐるり一周<Mサイズ=58cm/Lサイズ60cm>に仕上げる。
(画像はサテンリボンで代用しています)


 
<20>17でかがった縫い代にサイズテープを合わせる。


 
<21>縫い代とサイズテープをミシンで縫う。
サイズテープは内側に倒し、完成。