カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

営業時間:10:00〜17:00


時間外もできるだけ対応しています。お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

土日祝も営業しておりますが、業者さんなどがお休みとなるので、お問い合わせのお返事など対応に時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。

モバイル

Feed

ニットキャップ 作り方レシピ

■材料■

表地・・・カットソー生地
ツバ(ブリム)用の芯材(厚み1.5mm程度)

本商品はカットソー生地専用です。

ロックミシンは2本針4本糸ロックミシンの使用をオススメ致します。

ツバ(ブリム)用の板芯は手芸店等で購入できます。
紙切りバサミで切ることができ、ミシンで縫える芯材がベストです。
1mm又は1mm以上の厚みの物が適しています。
 
 
■ツバ(ブリム)ポリ芯を裁断する■

ブリム芯型もパターンを写し、ポリ芯をハサミで切り取ります。
両サイドの角は少しカットして面取り。(尖がりが危ないので)



■表地を裁断する■

表地を各パーツ裁断する。




■縫製仕様■

[1]ブリム生地2枚を中表に合わせ、ブリム外回りを地縫い。


[2]ブリムを表に返し、ポリ芯を挟む。
縫い代は、芯材の片面側に全て入れ込み、縫い代を入れた側を控える。
控えた面が裏ブリム(着用時顔側)となり<B面>とします。 反対の面が表ブリムとなり<A面>とします。
ブリム布にたるみ・余りが出ないように、強め引っ張り、口を止める。


[3]ポリ芯のすぐ横を、しつけ縫い。


[4]ブリムA面を上にし、ブリム外回りにミシンをかける。(5〜8mm幅ステッチ)
ミシンをかけることができない厚い芯材の場合は、ミシン工程は省略してください。
しつけ縫い部分は、縫い代1cmに切り揃える。


[5]ハットウエストを外表に2つ折りにし、ブリムの切り込み線(パターン参照)にラインを入れる。


[6]切り込み線の上下をしつけ縫いしておく。


[7]2枚まとめて、切り込み線に切り込みを入れる。


[8]切り込みにブリムを挟む。


[9]しつけ縫い。


[10]ミシンで縫う。(ポリ芯は縫いこまないように)
左右は切り込みより2〜3cmの所で自然に端まで縫う。


[11]縫い代を切り揃え、ロックでかがる。
この縫い代は完全に隠れますので、ロックが難しい場合は手縫いでかがってください。


[12]ハットウエストの後ろ中心線同士を中表に地縫い、縫い代は割る。


[13]クラウンを作る。
クラウンの作り方はニット帽と同じです。<ニット帽作り方レシピ>をご覧ください。


[14]ハットウエストとクラウンを合わせる。


[15]ロックで縫い合わせる。
ブリムをアーチ状に曲げ、完成。