カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ゴールデンウィークのスケジュールがまだ決まっていません。
祝日も何日か営業する予定ですが・・・
休業日程が決まり次第、カレンダーを更新します。

営業時間:10:00〜17:00

営業時間外もできるだけ対応しております。
お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

aviver webテキスト ウエストゴム

 
主にレギンス、イージーパンツ、スカートに用いられるウエストゴムの縫製仕様です。
2方法紹介します。
 

ゴムを後から通す方法


 
<1>ウエストをロックで始末し、後ろや脇など目立たない部分に隙間(ゴム通し口・5cmくらい)を空けて、2つ折りステッチ。



<2>ゴムの通し口からゴムを通し、ゴム端を重ねミシンで止める。



<3>ゴム通し口をミシンで塞ぎ、均等にギャザーを寄せたら、ゴムのねじれ予防に両脇に落としミシンを入れる。


 

ゴムを縫い込む方法


ゴムをロックにかませて縫うことで既製品のような仕上がりになります。
縫製でゴムが伸びてしまうことがありますので、試し縫いしてゴムのサイズを設定してください。
ソーイング初心者の方、ニット地使用で2本針4本糸ロックをお持ちでない方は、上のゴムを通す方法をお奨めします。




<1>ゴムの両端を重ね、ミシンで止める。



<2>身生地(表側)の縫い代端とゴム端を合わせる。
ゴムの継ぎ目は後ろや脇に。身生地は均等にギャザーが入るよう、たるみは均一に。



<3>身生地とゴム端をぴったり合わせ、ゴムを引っ張りながらロックをかける。
(ロックミシンはメスを外し、切り落とさずロックをかける)




<4>ゴムを裏へ折り、着脱で糸切れしないよう強めに引っ張りながら、ゴム上にミシンをかける。



<5>できあがり




当店の商品・テキストは、上の解説<ゴムを通す方法>です。
<ゴムを縫い込む方法>にする場合は、縫い代幅を調整して行って下さい。



■ webテキスト INDEX ■