カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


受注生産入荷スケジュール

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

ゴールデンウィークのスケジュールがまだ決まっていません。
祝日も何日か営業する予定ですが・・・
休業日程が決まり次第、カレンダーを更新します。

営業時間:10:00〜17:00

営業時間外もできるだけ対応しております。
お問い合わせなどは気軽にどうぞ♪

モバイル

Feed

avive webテキスト オープンファスナー務歯(ムシ)見せ



主にジャケットやパーカーなどのオープンファスナー始末の見返し仕様です。
ファスナーの務歯(ムシ)を見せるカジュアルな仕立てです。


 
<1>ファスナー用のミシンの押さえ金をご用意ください。
押さえ金の形は複数あります。本仕様書は左の押さえを使用しています。


 
<2>各パーツ・ファスナーを用意し、ファスナーを付けるパーツの<ファスナー止まり(上下)>に印を付ける。


 
<3>ファスナー上の余分を裏へ折り止める。


 
<4>前身頃のファスナー止まりから、ファスナーを合わせる。
身頃のできあがり線に、ファスナーの端から5mm程の部分を合わせる。


 
<5>裾もファスナー止まりを合わせる。


 
<6>ファスナー位置が左右対称になっているか確認を。


 
<7>ミシンで地縫いをする。


 
<8>左右ファスナーを地縫い。


 
<9>見返しを合わせる。


 
<10>地縫い。


 
<11>左右同様に見返し付け。

 
<12>縫い代の整理。

 
<13>裾も縫い代整理。

 
<14>表に返し、形を整える。


 
<15>表からステッチをかける。
ステッチ幅はコバ〜8mm程度のステッチ、生地やお好みで幅は調整してください。


 
<16>裏面です。


 
<17>完成。
*肩線・脇線・裾始末などの縫製順序は作り方テキストでご確認ください。




■ webテキスト INDEX ■